04. データ型

Pythonにおけるデータ型の種類と確認方法

更新日:

変数名を付けた後に、通常は代入という変数に対して値を設定する処理をします。Pythonでは、その際に代入した値によって変数のデータ型(数値、文字列など、どのようなタイプのデータか)が決まります。

例えば変数testに対して文字列'abc'を代入すると、変数testのデータ型はstr(文字列)になり、変数testに対して整数6を代入すると、変数testのデータ型はint(整数)になります。

ここでは、そのデータ型の種類と確認方法をみていきましょう。

 

Pythonにおけるデータ型の種類

変数名を付けた後に、通常は代入という変数に対して値を設定する処理をします。Pythonでは、その際に代入した値によって変数のデータ型(数値、文字列など、どのようなタイプのデータか)が決まります。

例えば変数testに対して文字列'abc'を代入すると、変数testのデータ型はstr(文字列)になり、変数testに対して整数6を代入すると、変数testのデータ型はint(整数)になります。

Pythonの主なデータ型は以下になります。

データ型説明記述例
str文字列文字、文字列
" " ダブルクォーテーション、もしくは' ' シングルクォーテーションで囲って定義する。
str = 'abc'
int整数小数点を含まない数値num = 6
float浮動小数点小数点を含む数値num = 3.14
boolブールTrue、Falseで定義する。check_flg = True
check_flg = False
list配列1.複数の要素(文字列、整数、論理など)を含むもの。
2.[ ] を使って定義し、各要素の間はカンマ','で区切る。
3.格納した各要素の変更が可能。
list = ['abc', 6, True]
tupleタプル1.複数の要素(文字列、整数、論理など)を含むもの。
2.( ) を使って定義し、各要素の間はカンマ','で区切る。
3.格納した各要素の変更は不可能。
tuple = ('abc', 6, True)
dictionary辞書1.複数の要素(文字列、整数、論理など)を含むもの。
2.{ }を使って定義し、各要素は、キーと組合せて間にコロン':'を挟み記述する。
3.キー値と合わせて値を設定することにより、キー値を元に値を参照できる。
4.格納した各要素の変更は可能。
dict = {'Key1' : 'Val1', 'Key2' : 'Val2'}

list、tuple、dictionaryについては、それぞれ後の章で詳しく解説します。また、Pythonには上記以外にも多くのデータ型があり、特にndarray、Series、DataFrameなどのデータ型は後の章でも利用します。これらについても、後の章にて詳しく解説します。
 

Pythonにおけるデータ型の確認方法

データ型を調べる時は、typeを利用します。typeは、引数に指定した変数などのオブジェクトのデータ型を返します。例えば、変数testに対して文字列'abc'を代入し、typeで変数testのデータ型を確認すると、以下のようにstr(文字列)型が返ってきます。

In [1]: test = "abc"
...: type(test)
Out[1]: str

 

同様に、変数testに対して浮動小数点3.14を代入し、typeで変数testのデータ型を確認すると、以下のようにfloat(浮動小数点)型が返ってきます。

In [2]: test = 3.14
...: type(test)
Out[2]: float

 

 
 
著書の紹介です。


 

-04. データ型

Copyright© AI-interのPython3入門 , 2019 All Rights Reserved.