03. 変数

Pythonにおける変数の宣言、変数名のルール

更新日:

変数とは、数値、文字列などのデータを入れるための箱のようなものです。データに名前を与えて、一定期間記憶出来るように加工したものです。数値の計算結果や文字列の編集、結合などの処理をした結果を一時的に保持し、後のプログラムの中で利用する為に変数を利用します。

 

著書紹介(清水 義孝)

好評発売中!!

Pythonにおける変数の宣言方法

Pythonは他のプログラミング言語と異なり、変数を宣言する際に、データの型を明記する必要がありません。最初に、変数と、変数に格納したい数値、文字列などのデータを記入します。

変数は、次のように記述して作成します。

変数 = 格納したいデータ(数値、文字列など)

 

例)変数への文字列の格納

例えば、変数greetingに対して、文字列'Hello'を格納する方法は以下になります。文字列は' ' (シングルクォーテーション)、もしくは、" " (ダブルクォーテーション)で囲みます。

In [1]: greeting = "Hello"

変数名を入力して実行すると、変数に格納されている値を確認することができます。変数greetingの中に、先ほど格納した文字列'Hello'が正しく入っているかを確認してみましょう。

In [2]: greeting

実行すると、先ほど変数に格納した文字列'Hello'が表示されました。

Out[2]: Hello

 

例)変数への数値の格納

例えば、変数ageに対して、整数32を格納する方法は以下になります。

In [3]: age = 32

文字列の例と同様に、変数に格納されている値を確認すると、

In [4]: age

実行すると以下の結果が表示されます。先ほど変数に格納した32が表示されました。

Out[4]: 32

 

例)変数に格納した文字列の連結

例えば、変数str1、str2に対して文字列を格納し、2つの変数を連結した結果を変数str3格納する方法は以下になります。

In [5]: str1 = "abc"
...: str2 = "def"
...: str3 = str1 + str2

文字列の例と同様に、変数str3に格納されている値を確認すると、

In [6]: str3

実行すると以下の結果が表示され、変数str3には変数str1、str2が連結されたものが格納されていることがわかります。

Out[6]: abcdef

 

例)変数に格納した数値の四則演算

例えば、変数num1、num2に対して数値を格納し、2つの変数を加算した結果を変数num3に格納する方法は以下になります。

In [7]: num1 = 1
...: num2 = 90
...: num3 = num1 + num2

文字列の例と同様に、変数num3に格納されている値を確認すると、

In [8]: num3

実行すると以下の結果が表示され、変数num3には変数num1、num2の値が加算されたものが格納されていることがわかります。

Out[8]: 91

 

著書紹介(清水 義孝)

好評発売中!!

Pythonにおける変数名のルール

変数名の付け方には決まりがあり、以下のようなルールを守って変数名を付ける必要があります。

  • 1文字目は英文字かアンダーバー '_'
  • 2文字目以降は英数文字、アンダーバー
  • 予約語は使用できません。これらの予約語は、実際のプログラムで使用される単語になります。

予約語一覧

andasassertbreakclass
continuedefdelelifelse
exceptexecfinallyforfrom
globalifimportinis
lambdanotorpassprint
raisereturntrywhilewith
yield
  • 大文字と小文字は区別されます。
    • 例えば、変数TESTtestは別のものとして扱われます。

これらのルールより、例えば、以下のような変数名を付けることはできません。

実行時にエラーとなります。

 

1文字目が数字はダメ

1999_TEST = "abcd"

 

英数字、アンダーバー以外の文字はダメ

Buffet_$$$ = "abcd"

 

予約語はダメ

and = "abcd"

 

予約語の確認方法は、次のようになります。

以下を入力し実行すると予約語一覧が表示されます。

In [1]: import keyword
...: keyword.kwlist

実行結果は以下です。

Out[1]: ['False', 'None', 'True', 'and', 'as', 'assert', 'break',
'class', 'continue', 'def', 'del', 'elif', 'else', 'except',
'finally', 'for', 'from', 'global', 'if', 'import', 'in',
'is', 'lambda', 'nonlocal', 'not', 'or', 'pass', 'raise',
'return', 'try', 'while', 'with', 'yield']

 
 
関連記事です。
Pythonに関する重要なトピック全般について学んでいきたいと考えておられる方には、次のリンクをお勧めします。

 

-03. 変数

Copyright© AI-interのPython3入門 , 2019 All Rights Reserved.