11. 繰り返し処理(For文)

Python for 文rangeでの指定回数の繰り返し処理を徹底解説!

更新日:

Pythonのfor文において、指定した回数だけ繰り返しを行いたい場合にはrangeを使うと便利です。
 
rangeは指定した長さの、連続した整数のリストを自動で生成する関数ですので、for文とrangeを組み合わせることで、任意の回数だけループをすることができます。
 
この記事では、Pythonのfor文におけるrangeの定義方法や使い方の例を詳しく解説いたします。

 
 

動画教材紹介私(清水 義孝)が作成したコース「Pythonによるビジネスに役立つWebスクレイピング」(Udemyへのリンク)が新発売!今なら期間限定で89%オフ!!!

Python for文でのrangeの定義方法

rangeに対しては、開始値、終了値、増減量を引数として渡してあげると、その法則に則った数値を含むリストを自動的に作成してくれます。

range([開始値,] 終了値 [, 増減量])

開始値、増減量は省略することも可能です。その場合は、開始値は0、増減量は1とみなされます。また終了値はインデックスと同様、その数値は含まれません。
 
 

動画教材紹介私(清水 義孝)が作成したコース「Pythonによるビジネスに役立つWebスクレイピング」(Udemyへのリンク)が新発売!今なら期間限定で89%オフ!!!

rangeでの終了値のみの指定(0~終了値-1)

rangeの引数に5を渡すことで、0から4までの値のリストが自動的に作成され、順に値を読み込むことで、指定した回数分、処理を繰り返すことができます。ここでは順に読み込まれたリストの値をprintで表示しています。

 

rangeでの開始値、終了値の指定(開始値~終了値-1)

また、rangeは始まりから終わりまでの範囲を指定できます。次の例は、3から6までの値を格納したリストを順に読み込み、値をprintで順に表示しています。

 
 

動画教材紹介私(清水 義孝)が作成したコース「Pythonによるビジネスに役立つWebスクレイピング」(Udemyへのリンク)が新発売!今なら期間限定で89%オフ!!!

rangeでのインクリメント(増分)の指定

rangeでは増減量を指定することができます。次の例は、1から10までの値を格納したリストをインクリメント(増分)+2で読み込み、値をprintで順に表示しています。

 
 

rangeでのデクリメント(減分)の指定

また、rangeの増減量としてはマイナスも指定することができます。次の例は、5から1までの値を格納したリストをデクリメント(減分)-1で読み込み、値をprintで順に表示しています。

 
 

rangeを応用したある範囲の数の合計のカウント方法

rangeを応用してある範囲の数の合計を求めることができます。次の例は、1から100までの値を合計した値を表示しています。

 
 
関連記事です。
Pythonの通常のfor文については、こちらに纏めた記事がございます。

 
Pythonに関する重要なトピック全般について学んでいきたいと考えておられる方には、次のリンクをお勧めします。
 






このページも人気です!!

まとめ記事

1

Python3におけるWEBスクレイピングのやり方について初心者向けに解説した記事です。   Requests、Beautiful Soup、Selenium、Pandas、newspape ...

2

Pythonの基本的なトピックについて、チュートリアル形式で初心者向けに解説した記事です。プログラミング未経験者や初心者でもわかりやすいよう、丁寧に解説しています。   Pythonでデータ ...

3

Pandas(パンダス)とは、データを効率的に扱うために開発されたPythonのライブラリの1つで、データの取り込みや加工・集計、分析処理に利用します。   Pandasには2つの主要なデー ...

4

データ分析、機械学習、ディープラーニングにはグラフの描画による可視化は不可欠です。データは、加工前の状態ではただの数字の羅列でしかなく、一目で必要な情報が伝わるものではありません。それを集計しグラフに ...

5

NumPy(ナンパイ)は、数値計算を効率的に行うための拡張ライブラリです。ベクトルや行列などを効率的に数値計算するための数学関数ライブラリを提供します。NumPyを使うことにより、数値計算をより早く、 ...

-11. 繰り返し処理(For文)

Copyright© AI-interのPython3入門 , 2020 All Rights Reserved.