16. NumPyでベクトル・行列計算

NumPyでのインデックス指定による配列からのデータ取得・検索方法

更新日:

NumPyの配列のインデックスの指定方法は、リスト(list)でのインデックスの指定方法と同様です。(リストの詳しい説明をご覧になる場合、こちらのリンク「リスト(List)/配列の使い方」から参照ください。)各要素が順番に格納されているので、各要素を取得するには、インデックス(要素の順番)を指定します。インデックスは0から始まります。また範囲を指定することもできます。

実際にいくつかの例を見ていきましょう。

 

著書紹介(清水 義孝)

好評発売中!!

ベクトル(1次元配列)からのインデックス指定によるデータ取得・検索方法

まずは1次元の配列から始めます。配列Xを定義します。

In [1]: X = np.arange(0,10)
...: X
Out[1]: array([0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9])

 

インデックスは0から始まりますので、配列Xの6番目の要素5を指定するには、次のようにインデックスに5を指定します。

In [2]: X[5]
Out[2]: 5

 

インデックスは数値の間に:(コロン)を用いて、範囲指定することもできます。但し、範囲で終了値に指定された値は含まれず、終了値-1までになります。配列の3番目の要素2から5番目の4までを指定するには、次のようにインデックスに2:5を指定します。ここでは、終了値に指定されたインデックス5の値5は含まれません。

In [3]: X[2:5]
Out[3]: array([2, 3, 4])

 

インデックスの範囲の終了値が省略されると最後までの指定になります。6番目の要素から最後までを参照するには、次のようにインデックスを指定します。

In [4]: X[5:]
Out[4]: array([5, 6, 7, 8, 9])

 

インデックスの範囲の開始値が省略されると0番目からの指定になります。最初の要素から5番目の要素までを参照するには、以下のようにインデックスを指定します。

In [5]: X[:5]
Out[5]: array([0, 1, 2, 3, 4])

 

著書紹介(清水 義孝)

好評発売中!!

行列(2次元配列)からのインデックス指定によるデータ取得・検索方法

次に複数の行を持つ行列の例に移ります。行列Yを定義します。

In [6]: Y=np.array([[1,2,3,4],[11,12,13,14],[21,22,23,24]])
...: Y
Out[6]: array([[ 1, 2, 3, 4],
                      [11, 12, 13, 14],
                      [21, 22, 23, 24]])

 

2次元配列の場合、最初の数値で行の範囲を指定し、次の数値で列の範囲を指定します。例えば、3行目だけを取得する場合は次のようになります。

In [7]: Y[2,:]
Out[7]: array([21, 22, 23, 24])

 

3行2列目だけを取得します。

In [8]: Y[2, 1]
Out[8]: 22

 

行列Yから1行目、2行目の2,3,4列目を切り取ってみましょう。

In [9]: Y[:2,1:]
Out[9]: array([[ 2, 3, 4],
                      [12, 13, 14]])

 
 
関連記事です。
NumPyにおいて、条件を指定して配列から要素を抽出する方法については、こちらをご覧ください。

 
NumPyでの配列の値の更新方法と注意点については、こちらが参考になります。
 
NumPyにおけるndarray型の配列の作成方法を確認しましょう。
 
著書の紹介です。
 

-16. NumPyでベクトル・行列計算

Copyright© AI-interのPython3入門 , 2019 All Rights Reserved.