16. NumPyでベクトル・行列計算

NumPyの数値計算用関数(平方根、指数関数、絶対値)

更新日:

NumPyでは数値計算用の関数が多数用意されています。その中からいくつかを紹介していきます。

 

NumPyでの平方根の算出(sqrt)

sqrtでは平方根を求めることができます。引数で渡した数の平方根が出力されます。

In [1]: np.sqrt(3)
Out[1]: 1.7320508075688772

 

またsqrtには、配列を引数として渡すこともできます。その場合、配列の各要素の平方根が算出され、結果が配列で出力されます。

In [2]: np.sqrt([1, 4, 9, 16, 25])
Out[2]: array([ 1., 2., 3. , 4. , 5.])

 
 
 

NumPyでの指数関数の算出(exp)

指数関数を求めるにはexpを利用します。

In [3]: np.exp(2)
Out[3]: 7.3890560989306504

 
 
 

NumPyでの絶対値の算出(absolute)

絶対値の算出はabsoluteを用います。引数で渡した数の絶対値を求めて、結果を返します。

In [4]: np.absolute(-3)
Out[4]: 3

 
 
 
著書の紹介です。


 

-16. NumPyでベクトル・行列計算

Copyright© AI-interのPython3入門 , 2019 All Rights Reserved.