16. NumPyでベクトル・行列計算

NumPy入門!whereで条件に応じた要素の抽出

更新日:

条件を指定しての配列からの要素の抽出は、zipを利用してもできますが、NumPyのwhereを利用すると簡単に記述することができます。この記事では、zip、whereの使い方とその違いを確認していきましょう。

 

著書紹介(清水 義孝)

好評発売中!!

NumPyでのzipによる条件指定での抽出

同じ要素数のndarray型の配列A、B、conditionを用意します。配列A、Bについては適当な数値を格納し、配列conditionにはTrue、もしくは、Falseを格納します。配列A、B、conditionの要素を順に読み込み、conditionの値がTrueの場合はAから値を取得し、conditionの値がFalseの場合はBから値を取得するプログラムを記述します。

In [1]: A=np.array([1,2,3,4])
...: B=np.array([100,200,300,400])
...: condition=np.array([True,True,False,False])
...: answer=[(A_val if cond else B_val) for A_val,B_val,cond in zip(A,B,condition)] ...: answer
Out[1]: [1, 2, 300, 400]

 

zipでは複数の配列などのオブジェクトの要素を取り出すことができ、'for A_val,B_val,cond in zip(A,B,condition)'では、'zip(A,B,condition)'で配列A、B、conditionの要素を順に取り出し、それぞれ変数A_val、B_val、condに格納していきます。これらの変数は'A_val if cond else B_val'のif文でcondがTrueであれば変数A_valの値、condがFalseであれば変数B_valの値を出力用の配列の要素としています。

 
 
 

著書紹介(清水 義孝)

好評発売中!!

NumPyでのwhereによる条件指定での抽出

上記の複雑なプログラムは、NumPyのwhereを使うと簡単に記述することができます。whereではNumPyのndarray配列に対して、条件を満たす要素を簡単に抽出することができます。

記述方法は以下で、

numpy.where(条件式[, x, y])

条件式を満たす場合(真Trueの場合)はx、満たさない場合(偽Falseの場合)はyのndarray配列を返します。またx, yを省略した場合は、条件を満たすindexを返します。

 

このwhereを利用して、先ほどのプログラムは以下のように書き換えることができます。

In [2]: answer2 = np.where(condition,A,B)
...: answer2
Out[2]: array([1, 2, 300, 400])

 
 
 
著書の紹介です。

 

-16. NumPyでベクトル・行列計算

Copyright© AI-interのPython3入門 , 2019 All Rights Reserved.